高反発マットレスは、その名が示す通り高い弾力性が特徴の製品です。それだけ聞くと、硬くて寝心地が悪そうというマイナスなイメージを持つ方も居るのではないでしょうか。高い弾力性がもたらす寝姿勢への影響をご説明しましょう。

 

高反発マットレスは高い体圧分散力で理想の寝姿勢へ

 

高反発マットレスには高い体圧分散力があり、それによって使用者を理想的な寝姿勢へ導きます。人間の立ち姿を横から見ると、首と腰の二か所でゆるやかなカーブを描いていることが分かります。

理想的な寝姿勢というのはつまり、この立ち姿における身体の自然なカーブをそのまま保つことなのです。例えば、柔らかいマットレスであればお尻の部分も沈み込んでしまいますから、自然なカーブを保つことができません。

 

硬すぎるマットレスではカーブが生まれず、肩こりや腰痛の原因となります。どちらにも依らない、丁度良い弾力を備えた高反発マットレスであれば立ち姿の理想的な姿勢を仰向けでもキープできるということです。

 

寝返りしやすい設計

 

人間は寝ている間、頻繁に寝返りを打ちます。これは寝相の良し悪しとは別で、生理的な現象によるものです。寝返りをうまく行うことができなければ、それだけ身体の一部に負担がかかってしまうことになり、不調の原因となります。

高反発マットレスは高い弾力を備えているので、寝返りを打つ際に少ない力で行うことが出来、疲労回復に役立ちます。

 

一旦寝てしまうと意識して寝返りを打つことはできませんから、睡眠時の姿勢をサポートしてくれるというのは大きなメリットです。
今まで肩こりや腰痛に苦しんでいた方であれば、その効果をより実感することが出来るでしょう。

 

高反発マットレスには慣れが必須

 

例えばそれまで普通のマットレスや低反発マットレスを使用していた方が高反発マットレスに替えたらどのような事が起きるでしょうか。
人間の体は一度習慣がついてしまうと、矯正するのに少々時間がかかります。

高反発マットレスは睡眠姿勢を整えてくれる効果があると上でご紹介しましたが、これにはどうしても慣れが必要になってきます。
これは、それまで使用していたマットレスでの寝姿勢が習慣として体に残っているためです。

 

最初は使いづらいと思っても、しばらく使用することで高反発マットレスに身体を順応させることが可能です。

 

マットレスを選ぶ際、弾力というのは重要な項目になってきます。
ただ硬いだけ、柔らかいだけではなく、体圧分散や疲労回復まで考えて設計された高反発マットレスであれば、ワンランク上の眠りを手に入れられるでしょう。